最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「複数視点寝取られ」の記事一覧

一生の宝物

「ねぇねぇ、早く泳ごうよ!」 「わぁ~、待ってよまぁちゃん!」 僕…安藤真二は、幼馴染である二年下の女の子…宮沢麻衣ちゃんと夏休みを利用して海に来てました。 そして海岸に着くなり、麻衣ちゃんことまぁちゃんは、一人先走って海に飛び込もうとしてたんだ。 「こらこら、子供らだけで遠くへ行くなよ~」 「ほら、康一兄ちゃんもあー言ってるっし、一人でそんな…あっ」 すると、荷物を置いた僕の兄の安藤

裏と表のクリスマス その2

今日はテストも終わって冬休み直前と、クリスマス直前の休日前ということで、 クラスのみんなを集めてパーティーを開いて楽しむ事になったの。 で、その騒ぐ場として、ちょうどタイミング良く両親が留守で家も大きく、 広い部屋もあるからという理由で、学校からも近い私の家でしようって事になったのでした。 「乾杯!メリ─────クリスマス!」 時間になり準備もできたから、クラスメイトの男の子の池口くんが

裏と表のクリスマス その1

「乾杯!メリ─────クリスマス!」 クラスのまとめ役である池口の一声で始まったクリスマスパーティー、 メンバーは希望者のみで十人ちょいくらいと少数だが、いやまぁ良いくらいか。 どっかの店を貸切にしてるわけじゃないしな。 「はい、雄介君」 「おっ、サンキュー」 ジュースの入ったコップをもらうと、その配ってた女子は俺の横に座る、 当然に俺達は未成年だからアルコールは無しだぞ。 す

汚れた真実 黒編

黒編 今でもあの日の事は鮮明に覚えてます、きっと脳裏に焼きついてしまったのでしょう。 私の家はある会社の下請け工場でした、だけど経営が悪くなってきてお父さん達が、 いつも凄く険しい顔をしていたのは知ってました。 そんなある日…小学校から帰ってきた私は見てしまったの、 普段は閉じられてるお父さんの部屋が開いてる…だから気になって中を覗いたのだけど… するとそこには…首をつって死んでい

汚れた真実 白編

白編 曾祖父から続く我が家はとても大きな屋敷を持っていた、今そこでは僕と親父、 そして何人もの代々仕えている使用人が住んでいる。 「悟様、紅茶をお持ちしました」 「ありがとう理音」 自室で学習をしていると、一人の住み込みの使用人である少女が茶を運んできた。 彼女の名は理音、主に僕の身の回りの世話をしてくれている。 「ん…理音の入れてくれた紅茶は美味しいね」 「ありがとうございま
サブコンテンツ