最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

青春寝取られ?バレンタイン

ついにこの日がやってきてしまったか、俺は意を決して家を出た。
向かうは当然に学校、何故か胸がドキドキと高鳴っている、おかしいよな~
「さぁ今日は普通の平日、何にもない日だけど頑張って学校に行くか!」
そう自分に激励をし、いつものように通学路を歩き出す、
するとだ…背後から凄い足音が近づいてくるような…
「何を朝から現実逃避してるのよ馬鹿始!」
「うごぉっ!!」

バキィィィ!!!

激しい衝撃が後ろから響いてくる、痛い…
気持ちの良い朝に背後から飛び蹴りを喰らってしまった!
俺が知る中で、こんな乱暴な事をするのは一人だ。
「何をするんだよ宏美!」
「朝から馬鹿な事を言ってるからよ」
ベーっと舌を出して馬鹿にしてるように笑うのは、
俺の幼馴染である坂井宏美だった、
こいつ…昔から俺の事を直ぐに蹴っ飛ばすような乱暴な奴で、
子供の頃は何度こいつの我が侭で泣かされた事やら。
「ん~何?何か文句あるの?さ、早く学校に行くわよ!」
「わかってるよ…まったく乱暴者め、うげぇ!」

バキィ…ッ!

また今度は殴りやがった、たく…俺には半ば理解できないが、
この宏美はそれなりに男子には人気あるらしい、ショーットカットの髪にスポーツは全般的に得意で、
時に乱暴な言動をするというような男ぽいようななところあるのに、それに胸だって小さいし…
あと妙に頼りになるところを見せてるせいで、まぁ女子にも人気あるまでは理解できるが、
いやいや世の中には物好きな男子も居るもんだよな~。
確かに顔は可愛いが…昔から一緒にいる俺としては信じられないよ。
そうそう彼女と俺は腐れ縁なのか、高校まで一緒の学校どころか、
クラスまで同じ事が多かったのである。

「そういえば今日は2月14日ね~何の日だったかしらね」
「何だったかな~でも確か宏美には関係ないイベントだよな」
「ほ~あんたにもでしょうが!」
「うぐぅ!!」

わ、わかってるさ…そうだよ俺にも毎年の事ながらに関係ない日さ!
バレンタイン…どっかのお菓子業界の連中が作ったらしいイベントだ、
それがまた今年もきやがったんだ…
これって世の駄目組と勝ち組がハッキリ分かれる日でもあるんだよな…
そういえば、宏美は毎年たくさん貰っていたっけな…同姓にだけど。

「始も義理くらいは一個でも貰えばいいのにね、まぁ無理だろうけれど」
「うっさいな!見てろよ~」
憎まれ口を叩きやがって…と俺は宏美を見る、
するとある気になるのが見えてしまった。

「なぁ…どうしたんだ、その手の絆創膏?昨日は無かったように見えたけど?」
「な、なんでもないわよ!」
それを指摘すると急に慌てて手を隠す、何だか頬も赤くなってるけれど…何だ?
何かドジでもやらかしたのだろうか?
「ねぇ、そういえば今日の放課後…用事あるの?」
「ん?いや特にな…」
「じゃあ決定!ちょっと私の部活が終わるまで教室で待ってなさい!」
「へ?おい…部活が終わるまでって、どれくらい待てばいいんだよ!!?」
「うるさいうるさい!いいから、私の言う通りにすればいいのよ…昔みたいにね」
昔か…はぁ、俺はいつまでも宏美の弟分かよ、
ちょっと俺の中の男のプライドに傷がついた気がする。
確かに予定はない、でもな…何の用なんだか、
その日の授業中ずっと気になっていた、まぁどうせ大した事じゃないと思うけれど。
もしかして宏美が今日貰ったチョコレートを俺に持たせ家まで運ばせるつもりか?
それは無い…いやあるか、去年なんか結構な量あったし。

そして放課後だ、ちなみに今日の成果は…まぁ聞くまでもなく0だった。
な…泣かないぞ、はは…うちの学校がそういうイベントに興味を持つ連中が少ないだけなんだ、
きっとな…あっ、でも昼休みに一緒に弁当を食っていた悪友の島田のやつ、
四角く茶色い塊を嬉しそうに食ってたよな…あれなんだっけ?
あぁ…なんか傷心の気分だ、クラスでのモレナイ組順位上位組には、
やはり関係ないイベントだったのか今日は!
なんか考える程に、落ち込んでしまう気がする…こんな気持ちの時に、
宏美の我が侭な命令に付き合うなんて…
ふと俺はその命令に反抗心を持ってしまった、そうだよ素直に聞く必要はない…
「どうせならちょっと反抗してやるか!」
俺はふとそんな考えをもった、とはいえ帰るつもりは無い、
悪戯気分で隠れて脅かしてやろうと思ったのだ、これくらいならいいだろう?
なんか子供じみた抵抗だな…とも思ったけれど、気にしない気にしない。
というわけで教室の後ろに置かれた掃除用具入れのロッカー内に身を隠す、
ちょうど隙間から教室内の様子も見れるし、丁度いい場所だ。
まぁ悪臭は漂ってるけれど…そんな鼻にダメージを感じつつ、しばらく身を潜めると、
誰かが教室に入ってきた音がした、もう授業が終わってから時間が経ってる、
こんな時間に教室に戻ってくるという事は…
「始~~!えっ…居ないの?」
やっぱり宏美か、はは不思議がってるみたいだ、それはそうだな。
今まで俺があいつに反抗した事はあんまり無いし…
「あの馬鹿…まさか帰っちゃったの?嘘…」
さてさて…いつ飛び出して驚かしてやるか、
俺はそのタイミングを計る…そろそろいいかな、なんか宏美の奴が黙って静かになってるし。
そう思い、俺はロッカーの扉を開こうとした…と、その時だ!
別の誰かが教室に入ってきたのは…
「あれ?斉藤君?」
「あ…坂井さん?」
おっ、あれはクラスのモテナイ組順位不動の一位とも言われる斉藤君じゃないか、
別に彼は悪い奴じゃないが、外見と気の弱さから女子人気は低いらしい。
「教室に忘れ物しちゃって…あはは」
「そうなんだ…」
別に聞かれてもいないのに、斉藤は教室に戻ってきた理由を説明してた。
これが気の弱い所なんだよな…ん?

宏美はそんな斉藤をジッと見つめてるようだ、どうしたのだろうか?
すると…ゆっくりと斉藤に歩み寄る、持っていた学生鞄から何か包みを取り出して…
「ねぇ斉藤君…今日、誰かにチョコ貰った?」
「えっ!も、貰ってないけれど…」
「そう、やっぱり…じゃあコレあげるわ」
「えっ!?」
そう言って手渡したのは、可愛らしいリボンで縛った何かを包んだ袋だ、
あれってまさか…まさか!?
「これってもしかして…チョコ?」
「他に何に見えるの?」
「あ、あのさ…中を開けて、食べていいかな?」
「別にいいけれど…不味かったらゴメンね」
「!もしかして…手作り!?」
う、嘘だろう…あいつ、手料理なんてタイプじゃないのに、
まさかそれでか?手にあんなに絆創膏を貼ってたのって!
俺は心底驚く…普段のあいつを知ってるから余計に、でも一番驚いたのは渡した相手だよな。
「…どう?」
「お、美味しいよ…とっても」
「そ、そう…」
素っ気無い態度に見えるが、宏美の頬は赤く染まり、
いかにも照れて恥ずかしくなって赤面してるのが丸分かりだ。
斉藤は斉藤で夢中で宏美の手作りのチョコレートを食べ、
それを静かに見つめる宏美…んっ?
なんか斉藤…震えてるよな、すると今度は唐突に宏美と向き合うのだ!
「で、でもさ…まさか坂井さんが僕と同じ気持ちだったなんて…」
「えっ?」
「坂井さん!!」
「!?きゃっ!ちょ…んぐぅぅっ!!!」
その時だ、斉藤がガバッと宏美に抱きついたのは!
そしてそして…強引に唇を奪ったのだ!!
「んんんっ!!んん~~!!!」
ここからじゃ、イマイチ詳しく見れないが…
しかもだ…長い、もしかしてかなり大胆なキスをしてるんじゃ!
とてもあの弱気な斉藤とは思えない行動だった、あの強気な宏美にあんな事をするなんて…
「んん~~~んはぁ!ちょ…え、何を…きゃっ!」
宏美も流石に驚いてるらしく、呆然としてるようだ…
そしてあいつは、そのまま…教室の床に宏美を押し倒したのだ!
「きゃぁぁ!!さ…斉藤君…んぐぅ!!」
俺の視界の下…ようするに教室の床に倒れこんだから分かりにくいが、
暴れてるような音がする…それに声が途切れたのは、
またキスをされたからだろうか?
「坂井さん…ぼ、僕も…好きだったんだ!」
「えっ!ちょ…あぁ!やだ…あっ…」
「はぁはぁ…いいよね、だ…誰もいないし…」
「だ、駄目…斉藤君…かんち…あぁ!!」
やっぱりここからじゃ見えない…見えて上げられた足と手くらいか、
だけど声でわかる、ヤってるって…
「そこ触っちゃ駄目!あ…駄目ぇ!!」
宏美の悲鳴が教室に響いてる…その声が不思議と色っぽく聞こえるのは俺だけだろうか?
あいつ…あんな色っぽい声を出せたんだな。

普段とはまるで違う、今まで知らなかった幼馴染を知り、
俺も呆然としてた…今も聞こえてくる声色もそう、まるで悪友に見せてもらった事のある
アダルトビデオの女優の声みたいだ、こんな喘ぎ声を宏美が…あの男みたいだったあいつが。
もう男なんて思えない、宏美は女の声を出してる…あの斉藤の手で!
その現場を目撃してる俺は、ロッカーから出て行き二人を止めようとしなかった。
そうだよ邪魔なんてしちゃ駄目だ、確かに何だか宏美は抵抗してるように見えるが、
手作りチョコを渡すって事は好きだったんだろ…あの斉藤の事が、
なら照れ隠しかもしれないし、突然の出来事で戸惑ってるだけかもしれない、
なら俺が出て行って止めさす資格はない。
そうだ…俺は関係ないんだ、あいつが誰を好きになってチョコレートを渡して、
そしてそして…セックスをしようが!
「あぁぁぁ!!痛ッ!!」
「ご、ごめん…優しくするからさ…はぁはぁ…」
気付けば、もう本番に入ってるらしかった…さっきよりも色っぽい宏美の喘ぎ声が聞こえる、
初めてだからか痛々しい響きもあるけれど…そっか初体験だったのか。
ズキッ…痛い、俺の胸が締め付けられるくらいに!
何でだろう…こういうの見てしまうのって、役得の筈だろう?
知ってる奴だからか…ずっと一緒に居続けた宏美の声だからか?
やっぱり胸が痛い…辛い、でもそんな状態に関わらず、別の部分は激しく興奮してたようだ、
そう俺の下半身が…すっかり勃起してる!!
そして俺はいつの間にか、ズボンを下ろして…その勃起したのを手で握り、
上下させて擦り慰めていた…こんな場所でオナニーをし始めたんだ。
おかずは…幼馴染の宏美の声、呻き声が聞こえる…エッチな卑しい響きの女の声…
「うぅ!あぁ…やぁ…そんなに乱暴に…んんっ!!」
「し、絞まる…温かいや、坂井さんの中…」
「あぁ!駄目ぇ!!あぁ…やぁ…」
そうなんだ、宏美のアソコはそんな感触なんだ…
俺は想像する…何でも知ってたと思い込んでいた幼馴染の、
その知らなかった部分を…感想の声で想像だけする。
「はぁはぁ…もう、いくよ!出すよ…うぅ!!」
「だめぇぇ!!あぁぁ─────っ!!!」
やがて絶頂への叫びが聞こえてくる…そして俺も!!

ビュクゥゥゥッ!!!

「あぁぁぁぁぁ───────!!!」
絶頂し絶叫をあげる声を聞きながら、俺は一人…この狭く臭いロッカー内で射精した…
もしかして斉藤の方は宏美の中へと出したのだろうか?
あの宏美の膣に、精子を…流し込んで…うぅ…
気付けば俺は涙を流してた、そして思う俺は何をやってるのだろうかって…
幼馴染の初体験を目撃し、俺はこんな場所で…
「畜生…」
俺は放心したようになり、この後はただ声が聞こえないように手で耳を塞いだ、
そして待った…あいつらが居なくなるのを…
外では二回戦を始めてるのだろうか、それとも…

どれくらい経っただろうか?ロッカーの外に出ると、もう外は薄暗い夕暮れになってた。
そして慌てて教室から出ようとする…もう誰もここには居ない。

その時にだ…ふと気付く、床に赤い雫が落ちてるのを…もしかしてこれは、
宏美の初めての…処女喪失の証、もう宏美は…大人になったんだな。
俺じゃない…斉藤の手で。
あれ?いつからだろうか…頬に涙が零れてた、
そこでやっと気付いたんだ…自分の本当の気持ちを。
俺はあの乱暴な幼馴染、坂井宏美を本当は…好きだったんだ、昔からずっと…
でも遅すぎた…抱いてた気持ちに気付くのが!畜生~!!!

:::::::::::::::::::

「最悪…」
股の痛みがまだジンジンとしてる、しかも溢れ出てくる血が混じった白い粘々したのと混じり、
拭いても拭いても無くならないし…新品同様だったトイレットペーパーはもう芯だけになりそう。
でもここは綺麗にならない、むしろ拭きすぎて表面まで腫れてきてるみたい。
だから諦めるの…もう綺麗にならないんだ、もう処女じゃないんだって…。
まさか今日…初体験をするなんて思ってもいなかった、それも相手が彼とだなんて…

「ごめん!本当に…僕…」
「はぁ…もういいからさ」
女子トイレから出てきた私を待っていたのは、斉藤君でした…
あれから何度も何度も頭を下げて謝罪してくるの。
彼の片頬は赤く腫れてる…私が平手で叩いた跡です、その衝撃が彼を平静に戻したのよ。
私を犯し続けるという彼の暴走を…でも時すでに遅しだったけれど、もう彼に処女を破られて、
しかも中に…膣内に射精までさせられちゃった。
「私も…その誤解させる事しちゃったし」
「でも…取り返しつかない事しちゃって…」
はぁ…溜息をつきたくなるわ、だってこんなに先にいっぱい謝れたら、
もうこれ以上は怒りようがないよ…本当ならもっと悲しんで怒りたかったのに、
でも確かに私も悪いよね…彼の気持ちも考えずに勘違いさせる真似をしちゃったのだから。

あの時…待ち合わせてた場所に始は居ませんでした、
あの馬鹿…こんな時に私のお願いを聞かないなんて…
実は結構ショックだったの…だってだいぶ前から覚悟を決めて渡そうと思ったのだもん、
昨晩から準備して慣れない手料理で指を傷つけて、
やっと出来上がったこの手作りチョコを渡したかったのに…
そして告白しようと思ってた、私の本当の気持ちを…あいつに。
あいつ…始とは、ずっとただの幼馴染で悪友みたいな関係だった、
小さい頃から男勝りな私があいつをイジメたりしたりして、
まるで意地悪な姉と弟みたいな関係かな?そんな関係がずっと続いてきてた…
高校に入ってからもそう、腐れ縁みたいな何でも言い合えるような関係で…でも違う、
少なくとも私は好きだったの…あの取り柄も無いような弟分な幼馴染を、
友達以上の気持ちをずっと抱いてた…だから変わろうとしてた!

この日を境に…彼が望むなら私は今までのキャラも変えようと思ってる、
もっと女の子らしくなって可愛げのある所を見せていいって…
ここだけの話、男勝りなとこって基本的に始の前でしか見せてないの、
他の人達の前だと少しは女らしくしてるつもりなんだから。
なんというか小さい頃の自分をずっと見せてたから…あいつの前だけには。
それはきっと変わりたくなかったからかな…この関係を変わるのを恐れてた…
だから勇気を出してみたの、でも…あいつは…始は来ませんでした。
何となく分かる…きっと私のいつもの我が侭なお願いにウンザリし逃げたんだと思う…
あはは、ざまぁないよね…いつもはあんなにボロスカ言ってるのに、
今更に異性として見てくれるわけないじゃない…あいつにとって私はただの友人、
それだけ…だから今回もきっと一発頭を殴ってお終い、
何で待ってなかったの馬鹿始って叫んで、それで許してあげるの…ただそれだけよ、私達は…
だから私はこの無駄になった初めての手作りチョコを、たまたま会った男子にあげたの。
別に特別な気持ちは無い、でも美味しいって言ってくれたのは純粋に嬉しかったかな。
でもまさかその後に、告白したと勘違いされ…襲われるとは思わなかったけれど。
私は女子の中では運動が得意な方だ、でもやっぱり女の子で…すっかり感情が暴走し、
普段の大人しいキャラとはまるで逆になった斉藤君の力に敵わなかったのよ。
だから逃れる事もできずそのまま…犯されてしまいました、
平手で叩いたのは、ようやく彼の欲望を出し終えて放心した時でした…。

「ねぇ斉藤君…本当に私の事が好きなの?」
「う、うん…」
「結構乱暴よ私、普段は猫を被ってるけれど…本当の私は男ぽいって言われてるんだから」
「……そんな強気な所も好きというか憧れてるんだ、坂井さんの事…」
「え?知ってるの…やだ、もしかして騙しきれてない?」
「えっと…結構有名だけど」
う~ん…もしかして私、人前で始に暴言をぶつけたり叩いたりし過ぎてたのかな?
普段は大人しくしてるつもりだと思ってたのに…ちょっとショックだった。
だからかしら、この時期に女子からチョコレートを貰うのって…
「ふぅ…そっか、じゃあさ斉藤君…」
「え?」
「あんな事あったし…恋人としては付き合えないけれど」
「……」
「で、でも前提としてなら…ま、まだ友達としてだけど!それでいいなら…付き合ってもいいよ」
「ほ、本当に!」
「うん…でも覚悟しててね、私…本当に我が侭で乱暴なんだから!」

今はまだ斉藤君の事を恋する程の好意はもってない、
襲われた事もあるし…だけど情けないとこが、好きだった男の子に似てるからか、
私はまず私に好意を持ってる彼から初めてみようと思ったの。
ただの幼馴染の関係で居続けるだろうあいつ以外に、好きな人を作る努力を…
「とりゃ!おはよう始!」
「どわぁ!だ、だから蹴りながら挨拶するんじゃねぇよ!」
「あはは、ごめん~じゃあ私は急ぐから!」
「何だよ、また…彼氏と待ち合わせか?」
「うん、始も彼女の一人くらい早く作りなさいよ~」
「うるさいな!しかし斉藤もよく続くよな…お前みたいなのを彼女にして」
あれから月日が少し経ち、すっかり季節も春らしくなった頃…
私は斉藤君と恋人として付き合うようになってました。
そして始とは…いつも通り、少し口を聞かなくなって距離を置いてたけれど、
でも今は普通に接してる…ただの腐れ縁な幼馴染として。
「こんな私でも好きになってくれた人がいたんだもん、きっと始にも現れるよ」
「はいはい…こっちはこっちで幸せを探すよ」
幸せか…うん、あんな事もあったけれど…話す様になって分かったの、
斉藤君は格好いい外見じゃないけれど、内面は色々と素敵なとこあるって…
優しくて頑張りやさんで、人見知りな所あるから他の人には分かり辛いだろうけれど、
でも深く付き合ってみると面白い所だってあるの。
それに私の事だって素の一面見せてるのに変わらず好いてくれるし、
私もいつしか彼の事を放っておけなくなってて…だから上手い事付き合ってるよ。
まぁ、少し愚痴を言うなら、普段は気が弱いくせにエッチの時だけは強気なんだよね…
危ないからって言っても聞かずに中に出しまくるし…
まぁでも…好き、斉藤君の事を恋人として好きになったの。
「幸せなんだよな…」
「うん…幸せだよ」
「そっか…」

まだ隣で歩く幼馴染に特別な感情を抱いてるのは仕方ない事なのかな、
でもその気持ちは封印しとく…ずっと、私と彼はただの腐れ縁です。
ずっとずっと…近いけれど交わらない、そんな関係…

【おしまい】

コメントは停止中です。

サブコンテンツ